亀戸ぶらり。

育児、生活、日々思うことをつらつらと。

離乳食開始前にアレルギー診断された件。

こんにちは、吉田(仮名)です。

 

本日はお金の話ではなく、本業の子育てについて。

現在、生後5カ月の娘がいます。

今のところ、よく寝て、よく笑い、

機嫌が悪くて泣くこともほとんどのない、

手のかからなすぎる娘なのですが、一点だけ

心配が。。

 

それが、肌が弱いということ。

 

 

生後1カ月、おなかの湿疹が治らない。

「おなかの肌荒れが治らない。」

1ヶ月目の新生児訪問ですでに、そんな相談をしました。

生まれてすぐに湿疹が出始めたので「乳児湿疹がでてきな」

と思ったのですが、皮膚科にいって「キンダーベート」という

ステロイド入りの薬を塗っても治らないのです。

 

「石鹸のつかいすぎじゃないですか?」とのアドバイスを受け

石鹸で洗うことをやめてみると、少~し赤みがひいたかな・・・?

という程度で湿疹がおさまらず。

 

こんなもんですよ。近所の皮膚科にイラっ。

キンダーベートを処方してくれた近所の皮膚科へ行くと

「こんなもんですよ。赤ちゃんだからそのうち治りますよ。」

とのこと。。。

う~~ん、そのうち治りますよといってももう、この時点で

3か月で続けているんですけど。

 

そのうち頬の皮膚がうっすらひび割れているように。。

こんなに肌にトラブルがつづくなんて、アレルギーなのでは!?

と疑いを持つようになりました。

 

小児アトピーの専門医「千葉クリニック」

女の子だからこと肌が綺麗な子にしてあげたい、、、という思いもあり

小児アトピーの専門医を探すと、全国的に有名な病院が割と近くに

ありました。ラッキー!ということで早速受診。

 

看護師さんも小さい子供の扱いになれており、非常に親切です。

キッズスペース、おむつ替えスペースもあり小さい子づれでも

とても行きやすいと感じました。

診断の流れ

①まず、体重、身長を図る。

②その後診察。長く湿疹が続いてるということで、アレルギーの検査を

してみましょうということに。

③採血(看護師さんが娘を預かってやってくれた。

    見ていたらかわいそうで耐えられなさそう。。)

④1週間後検査結果がでる。

⑤検査結果によっては、パッチテスト。

 (皮膚の表面を切って、そこにアレルギーの疑いのある成分をつける検査。

  皮膚の炎症が強ければ疑いがあるといこと。これまた痛そうだった。。)

 

検査結果

上記工程を踏んだ結果、娘は牛乳・卵アレルギーということが判明。

 

離乳食もまだなのに、アレルギー診断されるなんて!

私が、最近牛乳を飲まなくなった息子の代わりに大量に牛乳を

飲んでいたのが、母乳を通じて娘にいっていたみたい。

 

そして、私が牛乳を飲むのをやめると、、、、

おなかの湿疹が治った!!!

 

これは驚きの結果でした。

私が食べているものが娘に直結していることを

突きつけられた瞬間でした。

 

牛乳アレルギーということで、

牛乳はもちろん、チーズ、生クリーム、ヨーグルトなど

卵アレルギーでは、

卵焼き、マヨネーズ、カステラなど

避けたほうが良い食材があり気持ち的にはストレスですが、

娘のつるつるのお肌をみればその苦労も報われます。

 

そのほか、大豆やら小麦やらの予備群もあるので

まだまだ注意が必要です。

 

アレルギーの娘をもってはじめて、アレルギーの大変さを

実感しました。また、情報が大切な分野でもあると感じたので

私が知りえた情報はなるべく発信していきたいと思います。